頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

メニエール病以前の治療

  • HOME »
  • メニエール病以前の治療

メニエール病の治療として内リンパ嚢開放術、鼓室薬剤注入、前庭神経切除術、超音波による内耳破壊術など、いずれもその効果は疑問視されています。マウスに作られた動物実験的内リンパ水腫から内リンパ水腫を軽減させる目的で処方されるイソソルビド(1968年)の有効性は疑問視されています。脳血管を拡張するというメリスロン(1969年)、セファドール(1974年)、めまい神経である前庭神経に効くというメチコバール(1984年)、脳循環・脳代謝を改善するというアデホスコーワ(1972年)の有効性も疑問視されています。
めまい発作の増悪するタイプには自己免疫疾患を疑いステロイド治療を行う場合があります。しかし、ステロイドは根本的治療ではないため一過性の効果しかありません。一時期流行したストレプトマイシン中耳腔注入治療の効果も疑問視されています。多くの臨床医がメニエール病の診断治療に難渋している理由は当時の厚生省研究班と関係学会の誤誘導によるとする説があります。

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日祝、月曜・土曜午後休診)
午前8:30〜12:00(新患11:00まで)
午後14:30〜18:00(新患16:00まで)

  • メールでお問い合わせはこちら