40歳になった頃、急に回転性のめまいと、それに伴い嘔吐する症状が出始めました。「頭がフラフラする」「目の下がユラユラする」など不快な日が多かったです。季節の変わり目、特に冬にめまいが起きやすく、冬の間、7~10日間に1回は内科に注射をしてもらいに通っていました。冬にめまいが起きやすいのは、肩こりがあるせいだと思い整体にも通いました。内科を受診すると、血圧が高めと言われ、1週間様子をみましたが改善しなかったため、降圧剤の内服を開始しました。しかし、めまいの症状は一向に改善 されませんでした。仕事中にめまいが起き、汗が出たり吐いたこともありました。仕事が忙しくなると 眠りにくい日が数日ありました。そういう日は寝る前に次々と仕事のことを思い出し、眠れなくなっていました。めまいが心配で冬場の出張などをすべて断っていました。

明神館脳神経外科を受診し、先生から内科で長年もらっていためまいの薬を止めるように言われまし た。また、今飲んでいる降圧剤や甲状腺の薬でも、めまいが起きる可能性があり、血圧や血液検査結果 を見ながら調整することが必要であるとの説明を受けました。内科の先生あてに診療情報提供書を書いて頂きました。

明神館脳神経外科から処方されたお薬を最初に飲んで以来、めまいは一度も起こっていません。フワフワ感、ユラユラ感もなくなりました。視野の下に白いフワフワしたものが見えていたのですが、それもなくなり視野が広がりました。めまいが頻繁に起きていた冬の間も一度も起きず、全くストレスのないお正月を過ごすことができました。ここ数年にはない感じで、すごくビックリしました。この数年は何だったんでしょう。自宅で仕事のことで悩むことがかなり減り、よく眠れるようになりました。2月に3日間、出張でホテルに泊まりましたが、十分に眠ることができ、めまいも起きませんでした。