5年前、突発性難聴で耳鼻科受診、点滴治療を行いました。その約1ヶ月後から、めまい、嘔吐があり、耳鼻科へ入院しました。約2ヶ月入院しましたが、退院後も酒酔いの様なフワフワした感じのめまいと耳鳴りは1日中続き、左耳に風が吹くような音がしていました。点滴をしてもらうと、一時は耳鳴りは治まりますが、月1回程度のめまい、嘔吐は続いていました。ひどいときはめまいが3日位続いて、何も出来ず日常生活に支障を来していました。トイレに行きたくても自分ではいけないし、主人に連れて行ってもらって、トイレがすんでも嘔吐をするのでバケツを抱えていました。いつもベッドの下にバケツを置いて生活していました。ジーンという左耳の耳鳴りも続いていました。耳鼻科で3年間治療、毎日点滴をしてもらっていましたが、良くならないので明神館を受診しました。
先生から、めまいの原因は突発性難聴と思いますが、お母さんの介護ストレスが加わって難治性のめまいに発展したものと思います。脳を鎮めてあげるお薬を少量処方してみます、効果があればお薬をさらに減量しながら治療してみましょう、と言われました。薬を飲み始めて1ヶ月でめまいが軽くなり、半年後にはめまいはほとんどなくなりました。夏の暑い日には多少耳鳴りはありますが、それでも以前のことを思うと気にならなくなっています。先生がお薬を減量して下さり、今は小児量を飲んでいます。それでも症状は治まっており、今までの治療は何だったのだろうと思います。ありがとうございます。