60歳の頃、突然、車運転中にハンドルが持てない位フラフラして、すぐに病院受診を受診しました。そのときは、2週間程度で調子良くなりましたが、その後から、数年おきに、疲れた時に、夜になると、家が揺れるような、地震がきたようなめまいが起きるようになりました。すぐに治まる時もあれば、数ヶ月めまいが続くこともありました。

今年に入り、めまい、頭重感、気分不良、耳鳴りがひどくなり、調子が悪くなりました。ゆらゆら、ヨタヨタして歩けず、横になると頭が揺れました。それでも歩かないといけないので、歩くときは物を持って歩いたり、家族のベルトを持って歩いていました。ムカムカもあるので何も食べれないし、仕事にも行けない。一人暮らしのため、家族に買い物に行ってもらったり、時々掃除に来てもらったりしていました。元々きれい好きで几帳面、埃一つあっても気になっていましたが、めまいでしんどくて、掃除もできません。頭痛も今までとは違い、頭がうずくような、もやもや、がんがんする痛みで、じっとしておきたい。光や音も嫌なので、外に出るのも嫌、人と交わるのも嫌になっていました。かかりつけの病院から、耳鼻科を紹介され、毎日点滴を打ち、入院まで勧められました。さらに、精神科を紹介され、3ヶ月通院しましたが、良くなりませんでした。あんまや指圧にも行っていました。さらにめまいがひどくなり、見かねた家族が明神館クリニックの受診を勧めてくれました。

受診すると、詳しい問診を受け、血液検査、めまいの検査、聴力の検査などを受けました。先生とお話をし、典型的な前庭性片頭痛です、几帳面、まじめな性格からくるストレス性不眠症を合併しておられます、気分の落ち込みや憂鬱な気分は前庭性片頭痛に起因する可能性があります。先生から、夜1回の粉薬を処方しますから、夕食と関係なく8時に内服してみて下さいと処方を受けました。

すると、内服翌日から楽になり、頭が揺れるのも、頭痛も、嘘のように軽くなりました。日に日に症状は軽くなり、1週間もすると、ふらついて歩けなかったのに歩けるようになったのでウォーキングを始めました。むかつきも軽くなり食事が摂れるようになりました。下や上を向くと気分が悪くなっていたのに、それもなくなり、ゴシゴシ洗濯ができるようになりました。もう兄のベルトを持って歩かなくても、一人でさっさと歩けるようになりました。気分もよくなり、性格も元々の明るい性格に戻りつつあります。外食もできました。カラオケが好きなので、行けるようになればいいと思っています。一つ一つできるようになっているので、それが嬉しくて、前向きに生きれるようになっています。

今となっては、診断と治療がかみ合えば、あれだけあちこちの病院へ行っていたのが何だったのかと不思議に思います。一つ残念なことがあります。長いことめまいで日々の生活に支障をきたしていたため、もう車に乗ることはなかろうと思い、免許証を返納したことです。先生から、もったいないことをしたね、と笑われてしまいました。