元々腰が悪かったのですが、今年の5月頃から、右のふくらはぎの外側に痛み、右足の指に感覚がないようなシビレが出始めました。ふくらはぎの鈍痛は一日中続き、時に激痛が走ります。触らなくても痛みがあって、風が当たったり、冷えると余計に痛みが強まりました。何かに集中していると痛みを忘れることもありますが、ゼロにはなりませんでした。

総合病院を受診し、全身のMRI検査を行ったところ、足の痛みは、腰の骨が曲がっているのが原因と言われ、痛み止めを内服しても痛みは全く治まりませんでした。痛みで夜寝ようと思っても寝付けず、睡眠時間は2~3時間しかとれませんでした。足の痛みで、歩行が困難になり、杖歩行をしていました。痛みを治したい、寝たい、原因を知りたいとの思いで、明神館を受診しました。

詳しい問診を受け、先生から、病名は、異痛症アロデニアです。もちろん、腰には問題はありません。脳過敏症の治療を行ってみる価値はありますよと言われ、お薬をもらいました。また、先生から、自分と同い年なんだから元気を出さないといけないよと励まされ、これが一番の薬になりました。

薬を飲み始めて1週間、痛みは徐々に緩和してきて、今では痛みがすっかりなくなり、杖なしで歩けます。夜もよく眠れるようになっています。整形外科に3ヶ月近く通院しましたが良くならず、どうしようもないとあきらめていましたが、痛みが取れて、本当に良かったです。先生の言葉が、一番の治療薬になりました。