頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

非24時間睡眠覚醒症候群

  • HOME »
  • 非24時間睡眠覚醒症候群

まれに外来で遭遇します。
寝付く時刻と、起きる時刻が毎日遅れていく症状です。
視覚障害者に多く見られます。
睡眠日誌をつけていただくと、一目でわかります。
定期的に昼夜逆転します。
高率に、退学、休学、休職、退職を経験しています。
夜型生活 ⇒ 睡眠相後退症候群 ⇒ 非24時間睡眠パターンへの移行が報告されています。
治療は、かなり難しい。メラトニン療法と高照度光治療を行っています。
本人、回復への意欲があっても、治療抵抗性で、難治性です。
日本もフリースクール制度の充実、Googleが実施したような、在宅勤務またはフリー出勤など、企業導入が望まれます。非24睡眠パターンは、難治性のため、社会的対策が望まれます。

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日曜・祝日・月曜午後 休診)
午前8:30〜12:00(新患~11:00)
午後14:30〜18:00(新患~16:00)

  • メールでお問い合わせはこちら