頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

目のぴくつき

  • HOME »
  • 目のぴくつき

目の周りがぴくぴくする

 

・眼瞼ミオキミア
眼瞼ミオキミアとは眼輪筋のけいれんが不随意に起こることにより、上眼瞼、多くは下眼瞼がさざなみ状に動く状態で通常片目に起こります。神経質で気になる方が外来に来られます。ストレス、眼精疲労、睡眠不足を改善すれば自然消褪します。

・眼瞼チック
チックは小児や青年期に体の一部、特に眼瞼が勝手に動いてしまう症状を言います。眼瞼チックは瞬きが多くなることもあります。片目に目立つ場合が多いです。ストレス、テレビゲームのし過ぎ、学校・家庭・学習塾などでの心的ストレスの改善により消褪します。

・眼瞼けいれん
片目または両目に起こります。眼瞼けいれんはメージュ症候群と姉妹のような関係にあります。病態はほぼ同じで口や舌に症状が出た場合をメージュ症候群と言います。眼瞼けいれんは瞬きが増えたり、自由に目が開けにくくなったりする、いわゆる目の開け閉めスイッチが故障した状態です。「まぶしい」「目が乾いた感じがする」「目をつぶっているほうが楽」あるいは「自然と両目あるいは片目が閉じてしまう」といった自覚症状で病院を受診されます。この病気は意図せず筋肉が収縮するジストニアと考えられており、原因不明です。薬による治療は限定的で、逆に抗精神病薬でも発症します。したがって、遮光メガネ、クラッチメガネ、そしてボトックス療法を行います。

・メージュ症候群
両目に起こります。メージュ症候群は眼瞼けいれんと口・下顎・頚の不随意運動を呈する症候群です。神経学的には局所ジストニアに属します。眼輪筋、皺鼻筋、鼻根筋の収縮で特有のしかめ面顔貌を呈し、瞬目増加も認められます。この他に眼脂、羞明、流涙などを伴うこともあります。口すぼめ、口角の後退、舌突出、顔面下部、顎、頚の不随意運動が認められます。これらの運動の多くは眼瞼けいれんと連動しているのが特徴です。就寝時には症状は消失し、一方のみの症状を呈する場合でも不全型とみなす場合もあります。
大脳基底核および脳幹の機能異常が関与していると考えられています。治療はボトックス療法です。

・顔面けいれん
片側のめをつぶるための筋肉、笑う時に収縮する筋肉、口の開閉にかかわる筋肉が勝手に収縮したり、収縮と弛緩を繰り返してピクピクしたりする病気です。40歳以上に多く、男女比はほぼ1:2です。初期のころは目の周囲だけが気になりますが、だんだん片側の顔全体の筋肉の勝手な運動が出てくるようになります。両側に起こることは非常にまれです。
原因のほとんどは脳幹から顔面神経が出てくるところで正常にある静脈や動脈と接触し、その刺激によって顔面神経が興奮しけいれんを起こします。外科的手術により軽快します。

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日祝、月曜・土曜午後休診)
午前8:30〜12:00(新患11:00まで)
午後14:30〜18:00(新患16:00まで)

  • メールでお問い合わせはこちら