頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

ナルコレプシー

  • HOME »
  • ナルコレプシー
ナルコレプシーの症例 ⇒

ナルコレプシー(過眠症)は、眠たくて勉強・仕事に集中できない、突然眠る、運転に支障があるなど、日常生活に支障をきたします。

過眠症には、大きく3種類あります。
ナルコレプシー:日中の眠気は発作的に起きて、到底我慢できない。
症候性過眠症:昼間眠たくなる原因がはっきりしている場合、その多くは夜間睡眠量の大幅な不足による日中の眠気です。

特発性過眠症:睡眠は十分にとっており、昼間眠たくなる原因がわからない場合です。

  ※ それぞれに、問診と検査をすることによって区別でき、治療も異なります。

ナルコレプシー

ナルコレプシーは、突然発作的に襲ってくる耐え難い眠気が日に数回もあり、勉強や仕事に支障をきたします。外国に比べて日本人には多いようで、1万人当たり14~16人程度はおられるのではと推測されます。福山市の人口40万人からすると約600人の方がナルコレプシーで困っておられるのではないでしょうか。

かつては病気の原因もよく分からず、横着病(やまい)と非難を受けた時代もあり、患者さんたちは団結し「なるこの会」を結成されました。

明神館クリニックでは、ナルコレプシーの診断に必要な検査は、専門の臨床検査技師による正確な検査が可能です。

ナルコレプシーの検査

  • 睡眠日誌
  • アクティグラフ
  • 反復睡眠潜時検査 MSLT

    さらに詳しい検査をする場合があります。
  • HLA遺伝子検査
  • 睡眠時ポリグラフ検査 PSG
  • 髄液オレキシンの測定

注:情動脱力発作を伴わないタイプのナルコレプシーは、臨床症状とMSLTにより主たる判断をします。
HLA検査、髄液オレキシン値検査は診断の決め手にはなりにくい。

とても大切
ICSD-2によるナルコレプシー、特発性過眠症の鑑別点

  情動脱力発作を伴う
ナルコレプシー
情動脱力発作を
伴わないナルコレプシー
夜間の睡眠時間の延長を伴う特発性過眠症 夜間の睡眠時間の延長を伴わない特発性過眠症
napの持続 短い
(30分以内)
短い
(30分以内)
長い
(1~1数時間)
長い
眠気の強さ 強い
(居眠りを耐え難い)
強い
(居眠りを耐え難い)
ナルコレプシーより弱い ナルコレプシーより弱い
仮眠後の爽快感 (+) (+) (-) (-)
朝や仮眠後の覚醒の容易さ 容易 容易 困難なことが多い 困難なことが多い
M
S
L
T
入眠潜時 8分以内
(典型的には5分以内)
8分以内
(典型的には5分以内)
8分以内
(ナルコレプシー患者よりは長い)
8分以内
(ナルコレプシー患者よりは長い)
SOREMP 2回以上(ないこともある) 必ず2回以上 2回未満 2回未満
入眠潜時 短い(10分以内) 短い(10分以内) 短い 短い
総睡眠時間中途覚醒 正常範囲 正常範囲 10時間以上 6~10時間
多い(睡眠の分断化) 多い(睡眠の分断化) 少ない 少ない
中枢神経刺激薬の効果 有効 有効 しばしば無効
副作用の頻度が高い
しばしば無効
副作用の頻度が高い
眠気や居眠り以外の症状 情動性脱力発作
その他のレム睡眠症状(入眠時幻覚、睡眠麻痺)ただし、必発ではない
典型的な情動性脱力発作はない
その他のレム睡眠症状(入眠時幻覚、睡眠麻痺)ただし、必発ではない
情動性脱力発作はない
頭痛、めまい、失神、末梢血管障害など自律神経症状をしばしば伴う
情動性脱力発作はない
頭痛、めまい、失神、末梢血管障害など自律神経症状をしばしば伴う
HLA遺伝子検査DQB1*0602との関連 強い(日本人ではDR2/DQB1*0602がほぼ100%陽性) 約40%においてDQB1*0602陽性 特定のHLAとの関与は知られていない 特定のHLAとの関与は知られていない
髄液オレキシン値 DR2陽性例では低値 一部において低値(低値例ではDQB1*0602陽性) 正常 正常

(日本睡眠学会編集『睡眠学』より一部改変)

ナルコレプシー(情動脱力発作)問診票

情動脱力発作問診

情動脱力発作=カタプレクシー(cataplexy)は、喜怒哀楽、恐怖や羞恥といった過度の感情の高ぶりによって、突然力が抜けるなどの発作を生じるもの。

ナルコレプシー問診票(PDF)

特発性過眠症、ナルコレプシーのお薬

分類 商品名 一般名 用法・用量 (成人) 副作用 30日分の負担額(3割)
中~長時間 ベタナミン(10,25,50) ペモリン 1日20~200mg、
2回朝昼食後
肝障害、頭痛、動悸、消化器症状など 375
864
1,653 
長時間 モディオダール(100) モダフィニル 1日1回200mg朝
300mgまで
肝機能数値異常、頭痛、動悸、悪心、食欲低下など 12,126 
短時間 リタリン(10、1%散) メチルフェニデート 1日20~60mg、1~2回 肝不全、肝障害、黄疸、頭痛、動悸、消化器症状など


288 

注:コンサータはリタリンと同じ成分、ナルコレプシーには保険適応はありません。  

〜インフォームドコンセント〜
ナルコレプシー 遺伝子検査について

問診票、臨床症状、睡眠ポリグラフ検査、反復睡眠潜時検査(MSLT)などから、ナルコレプシーを発症している疑いがあります。

今回お勧めする遺伝学的検査は、臨床的に可能性が高いと考えられるナルコレプシーの確定診断、および類似疾患との鑑別診断に有用です。

遺伝学的検査は、本人だけでなく血縁者に影響を与える可能性があり、ときに倫理的問題を派生することがあります。少なくとも、両親、兄弟姉妹の理解と同意が必要です。

検査の対象となる遺伝子は、HLA-DR2、HLA-DQB1の2種類です。

HLA遺伝子検査は、保険適応外のため、自費診療となります。

参考:2011年2月日本医学会 「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」

明神館クリニック 大田浩右

ナルコレプシー最新情報

東大研究チーム ナルコレプシーに関係する遺伝子を発見
(毎日新聞 9月29日)

毎日新聞によると、「ナルコレプシー」の発症に関連する遺伝子を、徳永勝士・東京大教授の研究チームが発見し28日付のアメリカ科学誌ネイチャーに・ジェネティクス電子版に発表した。

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日曜・祝日・月曜午後 休診)
午前8:30〜12:00 午後14:30〜18:00

  • メールでお問い合わせはこちら