頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

ふるえ(振戦)

  • HOME »
  • ふるえ(振戦)

ふるえ

振戦とは、筋肉の収縮と弛緩が繰り返されたときに起こる意識しないで生じるふるえです。

振戦は誰にでも起こり得ます。手のわずかなふるえを気にする人がおられますが、そのほとんどは、病的振戦ではありません。振戦は、ストレスや不安、拾うなどによっても起こります。他にもアルコール依存症の禁断症状や甲状腺機能の亢進、カフェインや薬物の過剰摂取によっても起こります。

振戦の種類

正常な手指の振戦

  • 手の指の細かい震えを気にする人がおられます。これは病気ではありません。手の指を広げた状態で保つと、筋肉の緊張が、細やかな振るえとして見えます。姿勢時振戦の一種です。膝の上に手を乗せるとピタリと止まるはずです。パーキンソン病の場合は、手を膝の上に置いて、力を抜いても手指が1cm前後震えます。これは病的です。

安静時振戦(resting tremor)

  • 安静時(筋肉の随意収縮がまったくない状態、手を膝の上に置いたときなど)に見られ、動作によって減弱します。
  • パーキンソンParkinson病が代表的な疾患です。

姿勢時振戦(postural tremor)

  • 安静にしている時には振戦はなく、ある姿勢を保つ時に出現します。
  • 本態性振戦が代表的な疾患です。

動作時振戦(action tremor)

  • 随意運動を行う時に生じますが、動作が止むと消失します。
  • Hoimes振戦が代表的な疾患です。

企図振戦(intention tremor)

  • 安静時には出現せずに、動作を起こす時に生じる3~6Hzの振戦です。
  • 脊髄小脳変性症、小脳梗塞、小脳出血等の小脳疾患が代表的です。

本態性振戦

  • ストレス、不安、疲労、薬剤副作用、アルコール禁断症状、甲状腺機能亢進症などで起きます。
  • 本態性は、原因不明、原因のよくわからない振戦という意味です。
    振戦のなかでは、最も頻度が高いです。生活に支障のない限り、放置します。
    生活に支障のある場合は、βブロッカーなどの治療を行います。以前は、アルマールという名の薬を使っていました。ところが、糖尿病の薬アマリールと誤って処方される事故が続き、薬の名前がアロチノロール塩酸塩という名に変更されました。
    人前で字を書く仕事、精密な測定器具を操作する仕事など、振戦(ふるえ)が仕事に支障をきたす場合は、アロチノロール塩酸塩で治療となります。

振戦の種類

診断 周波数
(Hz)
どのような時に発症するか
安静時 姿勢時 動作時
パーキンソン病に伴う振戦 4〜7
パーキンソン症候群に伴う振戦 4〜7
軟口蓋振戦 2〜7
Holmes振戦 2〜4
起立性振戦 13〜18 ×
生理的振戦 6〜13 ×
甲状腺機能亢進症に伴う振戦 7〜11 ×
慢性アルコール中毒に伴う振戦 7〜11 ×
末梢神経障害に伴う振戦 5〜10 ×
本態性振戦 4〜11 ×
心因性振戦 3〜10
中毒性・薬剤性振戦 3〜10
ジストニアに伴う振戦 3〜8
小脳性振戦 3〜6 ×
◯=よくみられる △=みられることがある ×=通常みられない

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日曜・祝日・月曜午後 休診)
午前8:30〜12:00(新患~11:00)
午後14:30〜18:00(新患~17:00)

  • メールでお問い合わせはこちら