頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

パーキンソン病

  • HOME »
  • パーキンソン病

パーキンソン病は高齢化に伴い増加の傾向にあります。今では100人に1人はパーキンソン病と言われるほどです。さらにパーキンソンに似た症状を持つパーキンソン関連疾患からパーキンソン症候群までかなりの患者さんがおられます。私が福山の医療センターへ赴任した昭和40年代は今のようなパーキンソン治療薬はなく、Lドーパそのものを内服していました。そのうちにアマンタジン(シンメトレル)が承認されました。当時70人ほどの患者さんを診ていましたが薬による胃腸障害に苦しむ人が多かったです。今は手厚い治療薬が開発承認されパーキンソンの治療は楽になりました。

パーキンソン病は動作が緩慢になる、書字が下手になる、手足に小刻みな震えが起きるなどの症状は有名ですが、慢性の頑固な便秘はパーキンソンの初期症状です。この段階で治療を始めればその人は幸せです。最近原因である神経伝達ホルモンドパミンの活性度を調べる検査ダットスキャンが登場し診断治療は随分と楽になりました。

パーキンソン病の4大症状

症状
A 身体機能の異常 ・動作が鈍くなる
・書字が下手になる
・歩行が遅く
前かがみ姿勢になる

・バランスが
とりにくくなる

・手足が震える
B 精神・認知の異常 ・気分憂鬱(うつ状態)
・認知の衰え(認知症)
C 睡眠・感覚の異常 ・中途覚醒が増える
・幻覚、妄想
・痛み、シビレ
・嗅覚の低下
D 自律神経の異常 ・頑固な便秘
・排尿障害
・起立性低血圧
・発汗

 

介護度認定区分の目安

区分 心身の状態
自立 介護保険によるサービスは受けられないが保健・福祉サービスを利用できる。
要支援1 食事や排泄などは自分でできるが、日常生活の一部に介助が必要。
要支援2
要介護1 歩行や立ち上がりが不安定。入浴など日常生活の一部に介助が必要。
要介護2 歩行や立ち上がりが困難。日常生活全般に部分的な介助が必要。
要介護3 歩行や立ち上がりができないことがある。食事や排泄など日常生活全般に介助が必要。
要介護4 歩行や立ち上がりがほとんどできない。理解力の低下。日常生活すべてに介助が必要。
要介護5 歩行や立ち上がりができない。理解力の低下。介護なしでは生活ができない。

 

パーキンソン病を視覚化するダットスキャン検査 ※検査は予約制です

正常

パーキンソン類縁疾患

レビー小体型認知症

 

パーキンソン病

 

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日祝、月曜・土曜午後休診)
午前8:30〜12:00(新患11:00まで)
午後14:30〜18:00(新患16:00まで)

  • メールでお問い合わせはこちら