頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

睡眠片頭痛 起床時頭痛

  • HOME »
  • 睡眠片頭痛 起床時頭痛

早寝して、睡眠時間も十分に取っているのに、昼間眠い、居眠りしてしまう症状を「日中過眠症」と言います。学校で居眠りしてしまう子どもの中には、夜、眠っている間に片頭痛を起こして、本人も気づかないうちに、睡眠不足になっている(あるいは、睡眠の質が著しく低下している)場合があります。このような子どもは、片頭痛の治療をすると、夜眠れるようになり、日中の眠気が改善していきます。

国際頭痛分類3β(ICHD-3β)には、4.9「睡眠時頭痛」という項目があります。これは、名前が良く似ていますが、定義としては異なるものです。50歳以上で発症することが多いとされ、症状は緊張型頭痛に近いとされてきましたが、近年では、片頭痛に近い症例も報告されているようです(添付ファイル)。紛らわしいので、子どもに良く見られる夜間の片頭痛を、私は「睡眠片頭痛」と称しています。
睡眠障害国際分類3版ではその他に睡眠関連頭痛があります。

 

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日祝、月曜・土曜午後休診)
午前8:30〜12:00(新患11:00まで)
午後14:30〜18:00(新患16:00まで)

  • メールでお問い合わせはこちら