頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

私の処方説明

  • HOME »
  • 私の処方説明

魔法の粉薬と出会って50年

大田浩右

 

ナイト治療 

粉薬の目的

説明したように、少量の薬を混ぜて粉薬にしてあります。なぜかというと組み合わせることによって少量でも効くからです。
薬の依存症にならないためにわざわざ粉にしてあります。
効き過ぎの場合はもちろん、調子が良くなったら、自分の適量に減らして下さい。

 3分の2の量にしてみる
→ 2分の1の量にしてみる

粉薬に入っている薬の作用機序についてわかりやすく書いてありますのでお読み下さい。読んで納得の上、内服下さい。
副作用として便秘があります。まれに口渇があります。

生活の見直し
早寝:10時半までに就寝

・ウォーキング:毎日30分以上
・便秘、下痢、頻尿の解消

考え方の見直し
こだわらない
・頑張りすぎない

 

薬理作用について

抗てんかん薬、抗うつ薬、抗精神病薬などの分類ではなく薬理作用 を理解いただくことが大切です。

  • バルプロ酸ナトリウム(デパケン、セレニカ)の作用機序は未だ十分にはわかっていません。気分安定化作用、片頭痛抑制作用、抗躁病作用など、大脳皮質抑制作用と神経活動の同期性の調整に関与していると考えられています。その穏やかな鎮静作用は、小児から老人まで安心して使え、耐性、薬剤依存性はほとんどなく世界で最も広く使われている薬剤です。ただ、まれに肝障害や骨髄抑制作用があるため、長期処方の際には半年おきの副作用チェックが必要です。
  • アミトリプチリン(トリプタノール)は元抗うつ薬ですが、その薬効は世界的に脚光を浴びています。睡眠障害や頭痛肩こりに著効し米国FDAでは線維筋痛症の治療薬です。国立がんセンターでは癌性疼痛の治療薬として採用しています。異痛症のシビレ、ピリピリ痛に効果を発揮します。2018年2月、世界的医学雑誌 Lancet Psychiatry 2019にトリプタノールの薬効は同種新薬の薬効に勝ると評価されています。
  • ミアンセリン(テトラミド)はアミトリプチリン(トリプタノール)に7員環を加えることにより抗アセチルコリン作用をほとんどなくした薬です。副作用の眠気は抗ヒスタミン作 用のため健在です。鎮静作用があり不眠に効果を発揮します。適応外ですがせん妄に即効性があります。最近はミアンセリンの炭素を窒素に置換したミルタザピンに注目が集まっています。

  • ミルタザピン(リフレックス)はノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性、抗ヒ スタミン作動性による抗うつ作用と睡眠作用を持っています。四環系に属する比較的古い薬です。欧米では外傷後のストレス障害、慢性疼痛、群発頭痛などに用いられています。肝障害 AST、ALTの上昇をみることがあり、副作用採血は必須です。
  • トラゾドン(レスリン)は元は抗うつ薬として開発されましたが、抗コリン作用がなく睡 眠の質を改善する作用があります。
  • クロナゼパム(リボトリール)は最近は世界で最も多く処方される薬の一つです。ベンゾジアゼピン受容体作動薬(BZ 系)であり、依存性が強く、認知機能への影響が懸念されます。そのため長期処方は否定的です。私は必要な場合5㎎以下の少量を処方しています。むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害の特効薬です。
  • プロプラノロール(インデラル)は非心臓選択性であり、βアドレナリンアンタゴニスト です。日本ではあまり使われなくなりましたが、海外ではいくつもの臨床試験で、脳卒中、心筋梗塞、片頭痛の予防作用、抗不安作用、寿命を延ばす効果などが証明されています。グリンパティックシステム作用の認知症予防効果に期待が集まっています。
  • クエチアピン(セロクエル)、リスペリドン(リスパダール)は日本では精神科で使う怖い薬のイメージがあり、説明なしに使うと苦情が出ます。海外では安定した鎮静作用が評価され、気分安定化薬として精神科以外で広く使われています。セロトニン、ドパミンを調整し、脳の抑制系を賦活し気分安定化作用、鎮静化作用を発揮し深い睡眠を誘発します。認知機能を高める作用があります。
  • パロキセチン(パキシル)はSSRI のなかで最も強いセロトニン作用を持っています。 このためパニック障害、強迫性障害に対し効果を発揮します。少量から効果を見ながら慎重に増量していきます。副作用として性機能障害の報告があります。
  • メラトニンは夜間に脳の松果体から分泌される抗酸化作用を持つ睡眠ホルモンで、成長ホルモンやプロラクチンと協力して脳と体の疲労回復を図ります。結果として睡眠の質と認知機能を高めます。加齢とともに睡眠の質が悪くなるのはメラトニン分泌減少と関係があります。昼間のセロトニンは、夜暗くなると代謝されてメラトニンに変換され睡眠を誘発します。セロトニンとメラトニンをうまく交代させることが良眠につながります。

昼は活動ホルモン セロトニンとノルアドレナリン、夜は抗酸化ホルモン メラトニン
昼は覚醒ホルモン オレキシン、夜は食欲抑制ホルモン レプチン

※副作用チェックのため、年2回の採血をお願いします
まれな副作用として肝機能障害を見ることがありますので、内服1~2ヵ月後に採血でチェックします。もう一つまれな副作用として多夢悪夢を起こすのはプロプラノロール(インデラル)です。悪夢を訴える場合はインデラルを休薬します。なお、インデラルは喘息と徐脈(50以下)には使用できません。テグレトール、ラミクタールは薬疹にとどまらず、稀にスティーブンス・ジョンソン症候群に至る重篤な副作用があります。怖さを知っている経験豊かな医師でないと危ない薬です。

※セロトニン・ドパミン拮抗薬
セロトニン(ノルアドレナリン共に)は睡眠覚醒リズムに関与し睡眠中は減弱ないし消失します。セロトニンはドパミンを強く制御していると考えられており、セロトニン・ドパミン阻害薬(リスパダール)による鎮静化作用、および気分安定化作用は深い睡眠を誘発します。

※グリンファティックシステムとは
脳の老廃物アミロイドβを洗浄するとして現在脳科学でホットな話題のグリンファティックシステムの中心的なホルモンはノルアドレナリンです。抗ノルアドレナリン作用を持つプロプラノロール(インデラル)は抗不安作用と共に脳脊髄液と脳間質液の流れを良くし、脳の洗浄機能を高め記憶力改善につながると期待されます。

 

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日祝、月曜・土曜午後休診)
午前8:30〜12:00(新患11:00まで)
午後14:30〜17:30(新患16:00まで)

  • メールでお問い合わせはこちら