頭痛、めまい、シビレ、いびき、日中の眠気 – 福山市明神町 明神館クリニック

小児片頭痛

  • HOME »
  • 小児片頭痛

朝起きられない子供たちのサイトはこちらから

 

小学生でも片頭痛、緊張型頭痛、両者の混合型頭痛、片側型頭痛、睡眠時頭痛など、頭痛の種類は大人並みにあります。頭痛の頻度、程度によっては学業に支障をきたします。たかが頭痛とあなどらず、きちんとした診断、治療をお勧めします。
起床時頭痛は学校を遅刻したり、休んだりします。学校では、窓際の明るい席を嫌がったり、晴天の日の体育の時間を嫌がることもあります。頭痛だけでなく、光が過敏であったり、音が過敏であったり、フワフワめまいを訴えたりします。頭痛でお困りの子供さんの多くは親の頭痛の遺伝です。生活習慣も関係し、夜10時以降に寝るなど就寝時刻が遅い特徴があります。
9時就寝にするだけで頭痛の軽減がみられたり、天井照明を撤去しスタンド照明に換えるだけで頭痛の軽減する場合があります。

 

保護者へのお願い

  • 頭痛の原因は、体質遺伝と遅寝にあることを理解してください。
  • 子供の年齢ごとの必要睡眠時間をご存知ですか?
  • 9時就寝、6時起床、9時間睡眠を目標としてください。
  • 子供だけでなく、家族全員が早寝習慣に努めてください。
  • 脳は睡眠中に記憶の整理と学習をしていることをご存知ですか?
  • 成績の良い子は、早寝し、9時間睡眠を摂っています。

治療

まず生活習慣の改善、次に薬物治療です。
薬物治療は頭痛時の頓服治療と予防治療の2種類があります。
まずは頓服治療を選択します。頓服治療の第一選択はイブプロフェンかアセトアミノフェンです。アセトアミノフェンは即効性はありますが、有効率はイブプロフェンが勝ります。第二選択はトリプタン製剤です。なぜか小児には点鼻薬が効果的です。トリプタン内服薬は効果が劣り、無効例も稀ではありません。

小児片頭痛の予防治療薬として有効性が認められているのはアミトリプチリン、バルプロ酸ナトリウム、次にトピラマート、プロプラノロールなどです。

類似疾患 

片頭痛によく似た症状を呈する病気として、睡眠時頭痛があります。昔は目覚まし頭痛と呼ばれていました。日中は頭痛がないのが特徴です。片頭痛予防薬のバルプロ酸が有効なことから、今は片頭痛と考えられています。

小児頭痛には起立性調節障害 OD があります。時に片頭痛や緊張型頭痛と誤診されることがあります。詳細な問診と OD テスト、シャロンテストが必要です。厄介なことに、起立性調節障害ODと小児片頭痛の合併例は珍しくありません。
腹部片頭痛があります。腹痛を主訴とし顔面蒼白となり悪心嘔吐で受診します。対症療法で様子を見て多くは自然緩解します。成長して片頭痛を発症する場合もあります。その他稀に小児慢性疲労症候群などがあります。

・実際に外来診療で使用している小児片頭痛の説明パンフレット (PDF)
小児片頭痛治療の家庭における課題 Q&A (PDF)

<参考資料>  アセトアミノフェンについて

 

お電話でのお問合わせは TEL 084-927-0011 月曜〜土曜(日祝、月曜・土曜午後休診)
午前8:30〜12:00(新患11:00まで)
午後14:30〜18:00(新患16:00まで)

  • メールでお問い合わせはこちら